オートレース場の近くのコンビニ

私は川口のオートレース場の近くでアルバイトをしていました。コンビニのアルバイトなのですが、レースが開催される日と開催されない日の仕事内容が全く違ったことに驚きました。レースがない日はほとんどお客さんも来ず、ときどき地元の人が来るくらいで、仕事中はすごく暇で、よく奥に引っ込んでマンガとかを読んでいました。それがオートレースが開催される日は全く様子が変わります。
まず、午前中、オートレースに向かう人たちでごった返します。レース中に昼ごはんを食べるのだと思いますが、弁当やおにぎりやお茶などを購入する人でコンビニの中はいっぱいになります。11時を過ぎる頃にはその人の多さもひと段落しますが、それでも昼頃からまた混みだしますので、それに備えて品出しをしておきます。12時半くらいからまたお客さんが増えてきて、それは1時間くらいで収束します。そこからまた夕方に人が増えるので品出しが始まります。
レースの帰り道にコンビニに寄る人はだいたいはレースに負けた人です。レースに勝った人はさっさとどこかに飲みに行きます。レースに負けて飲みにいけない人が、コンビニで買い物をして帰ります。それも、レースに負けているのでみんなイライラしています。少しでもレジが遅かったら怒鳴りだす人もいるくらいです。大金を負けて苛立っているのは分かりますが、こちらも出来るだけ早くやっているのに、とつらい思いをしました。同じコンビニでも立地によって忙しさは大きく変わるのだと思います。
このように、コンビニでのアルバイトは一口にコンビニといっても、場所や種類によっても大きく異なります。まずは基本として、コンビニバイトのメリット・デメリット、仕事内容を確認して、その地域だとどういった形で変わるのか?を分析する目を養うことをおすすめします。